©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
拡大
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

2020年9月14日

 

役所広司さん主演、西川美和監督の最新作「すばらしき世界」(2021年2月11日公開、AOI Pro.出資・制作)が、北米最大の国際映画祭「第45回トロント国際映画祭」の正式出品作品に選出され、現地時間の9月10日にワールドプレミア上映が行われました。

 

本映画祭は米アカデミー賞を頂点とする今後の賞レースを占う前哨戦としても注目されています。

「第45回トロント国際映画祭」にリモート参加する西川美和監督(写真左下)、主演の役所広司さん(写真右下)
拡大
「第45回トロント国際映画祭」にリモート参加する西川美和監督(写真左下)、主演の役所広司さん(写真右下)

主演の役所広司さん、西川美和監督は日本からリモート参加しました。

プログラミングディレクターのジョバンナ・フルピ氏は、「脚本が非常によく練られストーリーが感動的。見事に質感がありリアルに感じられる。役所は、役の解釈がとても素晴らしくニュアンスと個性が豊かでカリスマ性を感じる」と絶賛。

 

海外の各メディアからは、「師である是枝裕和を継ぎ『すばらしき世界』で西川美和が脚光を浴びる時が来た」(アメリカ / Variety)、「胸に刺さるストーリー!」(カナダ / Tribute.ca)、「役所広司の演技が最高である。その演技は『ライフ・イズ・ビューティフル』のロベルト・ベニーニを彷彿とさせる」(ニュージーランド / letterboxd)等、多数の称賛の声と今後の賞レースへの期待が寄せられています。

また、あわせて特報映像が公開されました。
特報の冒頭は、TVマン津乃田(仲野太賀)とTVプロデューサー吉澤(長澤まさみ)の、「相手にしない方がいいんじゃないですか?放送に耐えられる対象じゃないっすよ」「そこが面白いんじゃん」という会話でスタート。津乃田が持つカメラが向けられるその先にいるのは、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男・三上(役所広司)。しかし、実はこの男、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった――。
社会のレールから外れた男と、それをネタに食い物にしようとするTVマン。「この世界は地獄か、あるいは――」怒りを目に浮かべたこの男の結末は?

 

原案は、直木賞作家・佐木隆三氏の小説「身分帳」。これまでオリジナル脚本にこだわり続けた西川監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約35年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑みました。
日本公開は2021年2月11日。海外からも注目を集める本作にご期待ください。

詳細はリリースをご確認ください。
AOI Pro.のリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先