2019年3月1日
 

「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が3月1日に開催され、是枝裕和監督作「万引き家族」(AOI Pro.出資・制作)が最優秀作品賞を受賞。計8部門で最優秀賞を受賞し、最多受賞となる8冠を果たしました。

 

「万引き家族」は、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞(2名)、撮影賞、照明賞、音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞の計12部門(13名)にて優秀賞を受賞。うち、作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、音楽賞の計8部門にて最優秀賞を獲得しました。

 

日本アカデミー賞は1978年、米アカデミー賞と同様に映画人が選ぶ映画賞として設立されました。米国アカデミーの正式許諾を得ているのは世界で日本とイギリス・アカデミーのみです。日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために、その年度の該当者に栄誉を与え、日本の映画界の振興に寄与することを目的としています。

©︎2018『万引き家族』 製作委員会
拡大
©︎2018『万引き家族』 製作委員会

詳細はリリースをご確認ください。

AOI Pro.のリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム 
03-3779-8006