2024年1月26日

グループ会社の株式会社TYO(本社:東京都港区、代表取締役社長:早船浩、以下TYO)は、 スタジオディーオージー合同会社(本社:東京都渋谷区、代表:木之村美穂、以下DOG)と⽣成AI技術を活用した広告ビジネス領域での連携を目的とした業務提携契約を締結いたしました。

■背景・経緯

AIチャットサービスが大きな話題を集める昨今、AIによる画像生成の技術も加速度的に進化し、広告ビジネス領域での活用も注目されています。
TYOは、画像生成AIを駆使したファッション広告として、パルコクリスマスシーズン広告「HAPPY HOLIDAYS」をDOGと制作しました。実際のモデル撮影は行わずプロンプト(画像を生成するための言葉)だけで構成され、グラフィック・ムービーに登場する人物から背景のほか、ナレーション・音楽も、様々な生成AIの最先端技術を使って完成させています。
時代を象徴するトップクリエイターとともに、広告の枠を超えたカルチャーを創出してきたパルコの広告らしくアート性・ファッション性、また実際に撮影したかのようなリアリティと「生成AI技術で制作した」と分かった時の驚きを追求したこの広告は、2023年10月に公開されると多数メディアに取り上げられるなど話題となりました。

TYOとDOGはこの前例のないチャレンジに共に取り組んだことで、特にファンタジーな世界観を生み出すことと生成AI技術の親和性の高さ、そして人間の能力を拡大させるツールとしての可能性を見出しました。生成AI技術の活用は、アウトプットのクオリティを向上させ、心を動かす広告作りをするための新たな選択肢になると考え、本契約に至りました。

■目的・今後の展望

40年以上広告映像制作を手掛けてきたTYOが持つ知的財産権やその他ノウハウと、グローバルネットワークを駆使し、AIとファッションを最新テクノロジーで掛け合わせる実績を持つDOGの連携強化となる本契約によって、⽣成AI技術を活⽤した広告の新たな価値を創出し、広告業界の発展に貢献することを目指しています。

また2022年よりDOGが主催しているNFFTプロジェクト(NEW FUTURE FASHION X TECHNOLOGY)にTYOも協力し、イベント制作などを手掛けてきました。今後さらに連携を強化し、ファッションやビューティーをテーマとするAIデジタルクリエイターの作品展示イベントを継続して開催し、両社でアーティストをバックアップしてまいります。

詳細はリリースをご確認ください。
TYOのリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先