2022年2月18日

ポスタービジュアルの「Welatê min ê biçûk」は「マイスモールランド」のクルド語表記<br/>©2022「マイスモールランド」製作委員会
拡大
ポスタービジュアルの「Welatê min ê biçûk」は「マイスモールランド」のクルド語表記
©2022「マイスモールランド」製作委員会

是枝裕和監督が率いる映像制作者集団・分福の気鋭の新人、川和⽥恵真監督(30)の商業映画監督デビュー作「マイスモールランド」(AOI Pro.出資・制作)が、2月10日より開催中の世界三大映画祭のひとつ「第72回ベルリン国際映画祭」にて、全部門の中から選出される「アムネスティ国際映画賞」スペシャル・メンション(特別表彰)を授与されました。
2005年から17年続く本映画賞で、日本作品としては初の快挙となります。

2005年以降、国際人権NGO アムネスティ・インターナショナルは、ベルリン国際映画祭上映作品の中から、人権問題をテーマにした作品に対して「アムネスティ国際映画賞(Amnesty International Film Award)」を授与しており、2022年度は15作品がノミネートされました。

同映画賞の審査員は、「マイスモールランドは、世界中で起こりうる出来事を力強く語った映画作品。難民への非人道的な扱いを批判しながら普遍的テーマを描いています。作品から学ぶことが多く、ぜひ多くの方に見ていただきたいと思います。」とコメント。
また、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門ヘッドプログラマーのセバスチャン・マルクト氏は、「世界共通のテーマである現代社会の矛盾を、とても美しく、映画らしい構成で物語に練りこんでいる」と高く評価するなど、海外で大きな反響を得ています。

本作の舞台は埼玉。在日クルド人の少女が、在留資格を失ったことをきっかけに"自分の居場所"に葛藤し、成長していく姿を描きます。5カ国のマルチルーツを持ちモデルとして活躍する映画初主演の嵐莉菜さんが、在日クルド人の高校生・サーリャを演じ、サーリャが心を開く少年・聡太を注目の若手俳優の奥平大兼さんが演じます。

メガホンをとった川和⽥監督は、是枝監督の「三度⽬の殺⼈」(17)で監督助⼿、⻄川美和監督の「すばらしき世界」(21 / AOI Pro.出資・制作)でメイキングを担当し、本作が商業⻑編映画デビュー&オリジナル脚本。日本では5月6日より全国公開されます。

詳細はリリースをご確認ください。
AOI Pro.のリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先