2022年9月2日

株式会社xpd(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:早川和良、以下「xpd」)は、コインチェック株式会社(以下「コインチェック」、本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡)と、コインチェックが提供するバーチャル株主総会総合支援サービス「Sharely(シェアリー)」において、三次元の仮想空間を活用したリッチコンテンツの提供を目的とした協業を開始します。

 

今回の協業は、コロナ禍で急速に普及したオンライン上での株主総会運営において、会社側および株主側双方において、活発なコミュニケーションが図りにくい側面があることから、会社ならびに経営陣からのメッセージ、また事業報告などを合わせ、より高次元かつ高い熱量をもって株主に説明したいと考える企業を支援することを目的にしています。メタバースと言われる三次元の仮想空間を活用したリッチコンテンツをベースに、議長や説明者が一体となるカメラトラッキング技術を駆使した没入感のある映像を通じて、企業の文化やブランドが有する世界観を含め、株主へのメッセージ訴求力もしくは企業活動、企業戦略に対する理解度向上を目指します。

xpdは、2020年よりオンライン上で大規模カンファレンスを実現する「BtoB EventのNEW-NORMAL」の提供や、*バーチャル・ライン・スタジオ株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役社長:田中正)のxR技術を活用したプレゼンテーション映像の企画制作・空間演出など、コロナ禍における企業のマーケティング、営業活動を支援するオンラインサービスを展開してまいりました。そのノウハウも活用し、総会全体のクリエイティブ分野のディレクションから、事業報告等における事業説明、進捗の分かりやすい映像、また企業メッセージ動画の制作など「Sharely」内で最適化されたクリエイティブ全般、映像制作分野において全面的にサポートします。

バーチャル株主総会のデモ動画(ダイジェスト版)

xpdとコインチェックは今後も株主総会を実施する企業にとって、価値あるサービスの提供に努めるとともに、株主にとっても、株主総会への出席が意義あるものとなるよう、連携および提供サービスの向上に努めてまいります

バーチャル株主総会総合支援サービス「Sharely」について

ハイブリッド参加型・出席型、バーチャルオンリー型のあらゆるバーチャル株主総会や決算説明会、オンラインイベントにも対応可能なクラウドシステムの提供に加え、バーチャル株主総会に合わせた招集通知やシナリオのレビュー、そして運営サポート等も提供しています。さらに、バーチャル株主総会中止保険や国内大手IRメディアとの議案訴求誘導枠の提供など新たな取組みを実施しています。

公式サイト:https://sharely.app/

*バーチャル・ライン・スタジオ株式会社について

バーチャル・ライン・スタジオ(VLS)株式会社は、AOI TYO Holdings株式会社、日活株式会社、株式会社デジタル・フロンティアの共同出資によって2020年に設立された合弁会社です。常設している大型合成専用スタジオでは、リアルタイムに人物とCG背景・美術を合成し撮影が可能な「バーチャル撮影システム」を導入しており、ハイクオリティ3DCGと、カメラトラッキング技術を駆使した没入感のある世界を創出し、これまでにないプレゼンテーション映像を実現しています。

▶VLSのxR技術を活用したプレゼンテーションのデモ映像(YouTube)

詳細はリリースをご確認ください。
xpdのリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先