2022年6月27日

 

「BRANDED SHORTS 2022」において、AOI TYOグループが制作に携わった作品が、インターナショナル部門の最高賞Branded Shorts of the Yearを受賞したほか、ナショナル部門でファイナリスト入賞しました。

 

「BRANDED SHORTS」は、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)が、2016年に同映画祭内に設置した、企業や広告会社がブランディングを目的に制作したショートフィルム・ブランデッドムービーを表彰する日本で唯一の国際的な広告映像部門です。

 

今回は世界中から集まった687作品(インターナショナル部門564作品、ナショナル部門123作品)のエントリーの中からインターナショナル部門15作品、ナショナル部門9作品がノミネートされました。その中から、7名の審査員により必然性、認識変化力、シェアラブル、メッセージ力、視聴維持力、オリジナリティ、時代性、視聴後の想起力の8つの視点をもとに選出された最もシネマチックなコミュニケーション作品に対して贈る「Branded Shorts of the Year」が、2022年6月14日に開催された「BRANDED SHORTS 2022」にて発表および賞の授与が行われました。

 


詳細はリリースをご確認ください。
AOI Pro.のリリースを見る
TYOのリリースを見る

 

本件に関するお問い合わせ先