2021年11月12日

 

「2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」において、AOI TYOグループが制作に携わった作品が最高賞である「総務大臣賞 / ACCグランプリ」を全7部門12カテゴリーにおいて6つ同時受賞する快挙を成し遂げ、その他多数の作品が受賞・入賞しました。

 

一般社団法人ACCが主催する「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に1961年に創設された広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、これを継承する形で2017年よりあらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルして開催されています。国内で最も規模が大きく、権威のあるアワードのひとつとして知られています。

 

さまざまな業界の第一線で活躍するクリエイターや有識者、著名人など延べ103名の審査委員による厳正な審査が行われ、応募総数2,348本の中から全7部門の各賞が決定しました。昨年同様に新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から例年開催していた贈賞式は行わず、オンラインイベント「TOKYO CREATIVE CROSSING」にて各賞が発表されました。

 

AOI TYOグループが制作に携わった作品は、各部門で6つの総務大臣賞 / ACCグランプリ、3つのゴールド、3つのシルバー、7つのブロンズを受賞し、29のファイナリスト入賞がありました。また、AOI Pro.がマネジメントを行うCluB_Aのディレクター 箱田優子がクラフト賞を受賞しました。

 

 

フィルム部門 Aカテゴリー(テレビCM/地域テレビCM)

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

大塚製薬 / カロリーメイト「見えないもの篇」

制作会社:AOI Pro.

ACCのHPで作品をみる

 

 

フィルム部門 Bカテゴリー(Online Film)

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

マーケティング・エフェクティブネス部門

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

ブランデッドコミュニケーション部門 Dカテゴリー(ソーシャル・インフルーエンス)

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

メディアクリエイティブ部門

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

THE FIRST TAKE / THE FIRST TAKE

制作会社:TYO

TYOのHPで作品をみる

 

 

デザイン部門

<総務大臣賞 / ACCグランプリ>

QDレーザ / RETISSA SUPER CAPTURE「With My Eyes」

制作会社:AOI Pro. / 株式会社イニシャル

AOI Pro.のHPで作品をみる

 

 

詳細はリリースをご確認ください。

 

ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS公式サイト

本件に関するお問い合わせ先