2021年10月19日

 

CMを中心とした映像制作を手掛ける株式会社AOI Pro.(本社:東京都中央区、代表取締役社長:潮田一、以下AOI Pro.)は、デジタル編集・CG・xR等の企画・制作及び機材レンタル・スタジオ運営を行う株式会社TREE Digital Studio(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:足立晋一、以下TREE)、音響・映像システムの設計・施工及びコンサート・イベントの映像・音響サービスを行うヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久、以下ヒビノ)と協働し、高精細LEDディスプレイを用いたバーチャルプロダクション技術「インカメラVFX」を使用してマルチアーティスト・Vaundyの新曲「泣き地蔵」のミュージックビデオの撮影を行い、本日公開となりました。

従来の背景合成を伴う撮影では、グリーンバックなどの背景を用い合成後をイメージしながら演技・撮影を進める必要があり、ビジュアル面での全体像が把握しにくい、撮影後の合成の編集時間が長時間に及ぶなどの課題がありました。

LEDバーチャルプロダクション「インカメラVFX」は、高精細LEDディスプレイをスタジオ全体に設置し、Unreal Engineで制作したフォトリアルな3DCGを背景に投影する撮影方法で、現在ハリウッドの映画制作でも積極的に使用されています。没入感のある空間にて撮影することにより、演者がパフォーマンスを発揮しやすく、被写体への光が馴染みやすいなどの利点があるほか、季節・時間帯といった制限を超えた撮影や、趣向を凝らした美術セッティングが可能です。ロケーション移動が不要であるため、コロナ禍での渡航が困難な現状において、撮影方法の一つのソリューションとなります。

映像作品の撮影における使用のみならず、リアルタイムレンダリング技術はライブ配信でも使用可能。高クオリティの合成が可能となり、視聴者に新体験を提供することができます。

この技術を用いて制作したVaundyの新曲「泣き地蔵」のミュージックビデオが、本日公開となりました。

 

詳細はリリースをご確認ください。
AOI Pro.のリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先