2019年7月17日
 

SOOTH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:額田康利、以下SOOTH)は、動画視聴時のアイトラッキング(視線計測)データから、画面のどの要素に視線が滞在したかを集計して「視線スコア」を提示するソリューション、「視線カウンター」を開発しました。

 

動画が人に与える影響は感覚的で捉えにくいものですが、生体反応データを数値化することによって統計的な分析を実現します。収集したデータを整形・加工することで、さまざまな成果データと突き合わせて解析したり、ターゲット属性別に解析することが可能になります。

 

SOOTHは、この知見を動画クリエイティブの改善支援に活用し、さらには効果予測モデルの確立に結びつけていきたいと考えています。

写真左: VR空間で動画を視聴、右: 動画を領域区分して視線の滞在箇所を抽出
拡大
写真左: VR空間で動画を視聴、右: 動画を領域区分して視線の滞在箇所を抽出

詳細はリリースをご確認ください。

SOOTHのリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム 
03-3779-8006