2019年3月29日
 

SOOTH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:額田康利、以下SOOTH)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下JAL)が発表したバーチャルツアー体験コンテンツ「JAL xR Traveler」の開発制作を行いました。

 

JALは「Try on trips」のコンセプトのもと、旅との新しい出会い方・選び方の提案を目指して最新テクノロジーを活用する取り組みを開始し、「JAL xR Traveler」はその第一弾コンテンツのひとつです。
SOOTHは視覚や聴覚に加え、嗅覚(現地の匂いを再現)、触覚(送風装置や歩行器を活用)などを刺激して、より没入感のある体験を実現するxR(※)コンテンツ「JAL xR Traveler」と、体験者の脳波反応をリアルタイムで可視化するアプリ「JAL Neuro Chart」の開発制作を行いました。

 

SOOTHは、コンテンツの企画・開発制作を通じて人の心を動かす体験を提供し、同時にセンシング技術を用いて人の気持ちを捉えることを目指してまいります。

※「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」「MR(複合現実)」などの総称。「x」は未知数を示すもの。

写真左:旅を気軽に試着する「JAL xR Traveler」、写真中央2枚:ナビゲーターが新しいハワイ旅のスタイルを案内、<br/>写真右:脳波可視化アプリ「JAL Neuro Chart」
拡大
写真左:旅を気軽に試着する「JAL xR Traveler」、写真中央2枚:ナビゲーターが新しいハワイ旅のスタイルを案内、
写真右:脳波可視化アプリ「JAL Neuro Chart」

詳細はリリースをご確認ください。

SOOTHのリリースを見る

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム 
03-3779-8006