地球環境、地域環境の保全活動、また持続可能な社会を実現するための活動に参加し、また貢献します。

「高尾小仏植樹祭」に協賛 <AOI TYO Holdings>

「NPO法人 国際ふるさとの森づくり協会」が主催するイベント「高尾小仏植樹祭」に協賛をしています。


「高尾小仏植樹祭」は、中央自動車道・小仏トンネルの工事で出た残土を積み上げた斜面(約9,000㎡)を数年かけて生物多様な豊かな森に変えることを目指す「高尾小仏の森」森林再生プロジェクトの一環として行われるイベントです。
地域に古くから生植する樹種の苗木を選定し、不規則に混植・密植させることで樹種を力強く成長させ、バランスのとれた豊かな森を短期間で形成する「ふるさとの森づくり」の手法を用い、植樹後の維持管理が不要な自然林を速やかに再生し、高尾陣馬自然公園にふさわしい豊かな森に復元します。
当社は“森をつくり笑顔を広げる”というコンセプトに賛同し、苗木を植樹するイベントに2015年より協賛しています。
2018年9月に開催された「高尾小仏植樹祭2018」には、参加型CSR活動として社員とその家族もボランティアで参加し、1,226㎡の土地に、32種類の苗木4,089本の植樹を280名のイベント参加者とともに体験しました。

全スタジオ内の常夜灯をLED化 <メディア・ガーデン>

メディア・ガーデンは、スタジオで使われる明かり(常夜灯)を2012年12月に従来の蛍光灯から直管型LEDライトに全て切り替えました。
消費電力が約半分になり、素材もガラス製からアルミ/ポリカーボネートに変わったので、万が一落下などにより破損した場合でも飛散する確率が少なくなっています。
引き続き館内敷地内の照明の全てのLED化を進め、使用電力のエコ化を行う予定です。

遮熱シルバースクリーンを設置 <メディア・ガーデン>

メディア・ガーデンは、2011年5月にスタッフルームとメイクルームの全部屋に、遮熱シルバースクリーンを導入しました。
このスクリーンは従来に比べ、表面温度を 約10℃下げ、体感温度も約2.6℃低くなります。 
この遮熱効果により、スタッフや出演者に快適な空調空間を提供しつつ、電力削減を目指します。