コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、株主利益の増大を図るとともに従業員・顧客・取引先・社会等に満足される共益的利益を維持・向上することを目的として「コーポレート・ガバナンス基本方針」を制定しております。

コーポレートガバナンス・コードの主要諸原則への対応について開示するとともに、適宜その内容を見直し、コーポレート・ガバナンスの継続的な充実に取り組んでまいります。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は、コーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図り、透明性の高い経営と迅速な意思決定を実施するため、監査等委員会設置会社を選択しております。

また、取締役(監査等委員である取締役を除く)の指名と報酬等について公正で透明性の高い手続きを経るため、取締役会の任意の諮問機関として指名・報酬委員会を設置しております。

さらに、独立社外取締役の比率を取締役会の3分の1以上とし、業務執行取締役に対する監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスが機能する体制を整備しております。

内部統制システム構築の基本方針

当社は、取締役会において内部統制システム構築の基本方針を決議し、業務の適正を確保するための体制整備とその適切な運用に努めております。

毎事業年度、内部統制の整備・運用状況の点検を行い、必要に応じ内部統制システムのさらなる充実に取り組んでまいります。